注文住宅の仕組み

曾祖母を自宅で介護する

曾祖母を自宅で介護する

私の曾祖母は96歳で亡くなりましたが、93歳から96歳までの3年間は寝たきりでした。
知りたい!宮崎 スマートハウス←ここから調べる。
曾祖母が寝たきりになった理由は転倒が原因なのですが、祖母が中心になり介護をしていました。介護サービスもなかった時代なので、入浴もできず身体を拭くしかなく、日中の楽しみはテレビ程度でした。
ここから→宮崎 ZEH情報を調べる。

 

曾祖母の子どもたちや孫たち、そして私たちひ孫がたくさんいて、みんなが定期的に訪問をして曾祖母の話し相手になっていました。多くの家族に囲まれて幸せだったとは思いますが、頭もしっかりとしている中でずっと寝たきり生活というのは、とてもしんどかっただろうなと思います。
詳しくは宮崎 省エネ住宅をご覧ください。
そして介護をする祖母の側も、出かけていてもご飯のために急いで帰らなくてはいけない、オムツを替えなくてはいけないと大変だっただろうなと思います。
建てる前に行こう!ZEH住宅 宮崎へ。

 

曾祖母が亡くなった時に私は悲しかったですが、周りは「大往生やな」と寂しさの中にもほっとしているような様子がありました。当時は小学生でそんな周りの様子をひどいと思いましたが、介護する側、介護される側のどちらもしんどかっただろうなと思えるようになりました。
詳しく知りたい省エネ住宅 宮崎の情報です!

ホーム RSS購読 サイトマップ